前へ
次へ

自由度の高い外貨の保有方法としてのFX

自己資金を一定の割合で分散しておくのは、安定した資金運用のためには重要な事です。金利の低い日本円以外にも、ドルやユーロを保有しておくことでリスクを分散することもできます。以前は外貨貯金が外貨の保有方法として人気でしたが、最近はFXを利用している人が多いようです。外貨預金よりも手数料などで有利になるのです。手数料などの運用におけるコスト以外にも、満期で一括して金利を受けることになる外貨預金とくらべ、毎日スワップポイントという形で金利を受け取れるFXは運用の自由度という観点からも有利になります。株式や先物取引などの投資先とともに、FXは有力な投資先となります。金融緩和政策はしばらく続くと予想されるので、これを機会にFXを始められることをおすすめします。

Page Top